英語の履歴書は添削を活用!面接対策には実践演習!

国内企業への就職でも必要になる英語対策

日本国内の企業に就職するときにも英語の対策をすることが必要になってきました。履歴書を英語で記載するように求めることも外資系企業ではしばしばあります。世界展開を行っている企業の場合には履歴書は日本語であっても面接の一部を英語で行うということも増えてきました。就職活動をする上では必ず対策しておかなければならないのが英語なのです。

履歴書対策には添削サービスが便利

英語の履歴書を要求する企業に応募するときには添削サービスを利用するのが便利です。履歴書を書いて送付することにより赤を入れてコメント付きで返してもらうことができます。ただ語句の選び方や表現の稚拙さを指摘してくれるだけでなく、アピール力などについても評価してくれることから有用な履歴書対策になるのが特徴です。翻訳サービスも利用すると日本語の履歴書を簡単に英語にしてもらうことができます。

面接対策には実践演習が肝心

英語の面接対策では柔軟な対応力が求められるため、実践演習を行うに越したことはありません。外資系への転職を目指す人を主なターゲットとして就職サポートを行っている企業があります。このような企業に相談すると面接対策を実施してもらうことが可能です。典型的な質問を投げかけてもらい、応答力のトレーニングをすることができます。その際に内容についてのアドバイスももらえるため、飛躍的に面接での対応力を高めることが可能です。志望先が決まっている場合にはその企業に特化した質問も用意してくれることから実戦的なトレーニングになります。

職務経歴書を英語で書かせる企業が増えているので、求職者はその点を考えて英語を書けるようにしっかりと勉強する必要があります。