初期費用がほとんどかからない

マンスリーマンションは月単位で借りる事ができる物件です。マンスリーマンションは一か月から数か月という短期間で入居できるできるだけでなく、初期費用も格安で済みます。賃貸住宅だと敷金と礼金が必要になるので、入居時の費用が高くなるので入居する敷居が高いです。
しかしマンスリーマンションでは初期費用がほとんどかからないので、賃料さえ先に用意できればそれ以外の費用負担がありません。賃貸の場合は基本的に2年契約が多いので、2年以内に部屋を出ていく場合は違約金が必要になります。一方でマンスリーマンションでは長期の契約期間が設定されないので、短期滞在で利用するのに適しています。
賃料自体は相場よりも高い傾向にありますが、初期費用がほとんどかからず長期契約もないので長期間の入居ならば賃貸住宅の方が安くても短期間ならばマンスリーマンションの方が割安です。

すぐに入居できて家具や家電も揃っている

賃貸住宅の場合は部屋を探して決めてから審査を受けて審査に通過して始めて契約ができます。そのため部屋を探し出した日や数日中に入居するのは難しいです。マンスリーマンションの場合は賃料を先払いする事ができればその日のうちに入居できるメリットがあります。急な出張などで急いで住居を決めないといけないケースでも便利です。
新しい住居に引っ越す際は家財道具が揃っていなければ新しく揃えないといけません。一式全て購入するとかなりコストがかかりますが、マンスリーマンションでは生活家電が一式揃っているので用意する負担がありません。

マンスリーマンションとは、月単位で契約できる物件の事です。一般的に家具や家電が付いており、入居後すぐに生活ができます。近年では出張だけではなく観光にも使われています。