ひとりで抱え込まないで!子育てと仕事を両立するための支援とは

地域での助け合い!ファミリーサポート制度

子育てと仕事に追われている女性を支援するために自治体は様々な支援体制を整えているのですが、その中のひとつとしてあまり知られていないのが「ファミリーサポート制度」と呼ばれているものです。ファミリーサポート制度は一部の自治体で運営されている支援体制のひとつで、地域で登録している協力会員が助けを求めている依頼会員をサポートすると言うシステムになっています。内容としては送り迎えや自宅での一時預かりなどがあり、地域内での協力になるので顔見知りを増やせる点や料金が良心的である点がメリットとされています。

保育園が使えない時に便利な病児保育施設

通常の保育園は子供が熱を出すなど病気にかかってしまった場合、集団感染を避けるために利用を断られてしまいます。そうなると仕事がある女性は仕事を休まざるを得なくなってしまうのですが、そんな時でも子供を預けるために利用できるのが病児保育施設です。こちらもあまり知られていない自治体の支援のひとつで、名前の通り観戦のリスクを理由に保育を断られてしまった子供を預けられる保育所となっています。事前に会員登録しておく必要があったり病気の状態によっては預けられないなどの条件はありますが、どうしても仕事を休めないと言う人にはおすすめできるサービスのひとつです。

小学生を預けたいなら学童保育へ

一般的に自治体の支援は小学校に上がるまでの年齢の子供しか利用できないと言うイメージがありますが、実際には小学生になっても利用できる支援サービスはいくつかあります。その中のひとつが学童保育と呼ばれているもので、小学校の校舎の一部を利用して放課後から親が迎えに来る時間帯まで預かってくれるのです。

子育てをするとなると大変ですが、シングルマザーの仕事は介護職などがあって、会社によっては条件を自分なりに設定して働くことができるので、ストレスも溜まりません。