毎日忙しくて大変?保育士が行う仕事内容とは

朝は開園時の準備を行う

多くの保育園では勤務形態が早番、中番、遅番の3種類となっています。早番の人は開園前に、部屋の掃除を行います。そして早番と中番の保育士が集まり、朝礼をする流れです。朝礼の際には、その日に行うプログラムを必ず確認します。他にも連絡事項があれば、朝礼中に保育士間で共有します。子供達が来園した後はプログラムに沿った活動を開始。プログラムは自由遊び、散歩などがあります。

昼食と昼寝の準備も、毎日行う仕事の1つ

プログラムを終えた後は、昼食の準備です。保育士は園児達に手洗いを促してから、一緒に食事をします。保育士の目があることで、食中毒といった衛生面のリスクを減らすことができます。また一緒に食事をすれば、園児達との会話も増えますよね。昼食後は片付けをし、布団の準備へ。園児達が排泄や歯磨きを終え、スムーズに昼寝ができるように素早く布団を敷きます。絵本を読んで寝かしつけをした後は保育士の間で会議をしたり、事務作業をすることも。昼食と昼寝は、毎日行う仕事の1つなのです。

夕方は園内の掃除や片付けをする

夕方は保護者のお迎えを待つ時間です。見送り後には、園内の掃除や片付けなども始めて行きます。夕方の仕事は遅番の人であることがほとんどです。遅番の人は残業するケースもあります。残業時の仕事内容は「保育園だより」の制作や「イベントの準備」などが中心です。特にイベントがある際には、忙しくなりやすい傾向があります。閉園時までに終わらないこともあり、自宅で事務作業を行う保育士も多いようです。

保育士の求人を大阪で探すなら、保育園や幼稚園やアミューズメントパークといった子供と関わる求人が充実しているサイトのチェックがおすすめです。